2008年08月06日

建前の論理構成、本音の論理構成。

建前の論理構成、本音の論理構成。
どちらの体系も、体系内では完全性定理、いちおうの説明体系をなしている。だが、いわば階層が異なる?説明原理の次元が異なる?認識の階層が異なる?

建前論理の体系、本音論理の体系。

同じ現象をどう見るか。

マクロ、ミクロ、現象論、史実、、

経路依存性
バンドワゴン効果、
複雑系
ネットワーク
外部性
http://d.hatena.ne.jp/arn/20080730#p2
「限定合理性を前提とする効用関数(my受容)」

posted by raycy2 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkRecords | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。